こんなもんじゃない!キタサンブラックの倒し方

『もう一度、リーディングを獲りたい』
2017年の年明けから、各所でそう宣言する武豊騎手の『神騎乗』が止まらない。

先週の競馬を終えた時点で全国2位の15勝。
トップを走る田辺騎手とは、わずか1勝差。

スポンサーリンク





まさに『全盛期』を彷彿させるような、神懸った勝負強さを見せている今の武豊騎手。
なんせ、トップの田辺騎手の96鞍より33少ない63鞍で1勝差で、勝率、連帯率、三着以内率ともにっダントツの数字だから。

そこには30年以上の時間を『日本のトップ騎手』として重ねてきた膨大な経験の裏打ちがあることは間違いない。
あの時の武豊騎手がアスリート特有の極限状態『聖域』と呼ばれるものに入っていたのでは??

その、武豊 キタサンブラックにとって厄介な人物C.ルメール騎手を招へい、昨年の有馬記念で快進撃を止めた、
キタサンブラックの倒し方を知る、フランスの名手に全権を託し、打倒キタサンに向けたプランもあるそうな。

武豊騎手が大本命に騎乗する宝塚記念グランプリという点では、ディープインパクトが初めて敗れた2006年の有馬記念は未だ多くのファンの記憶に残っているが、その時に果敢な先行策から国民的大スターを完封したのが、ハーツクライに騎乗したルメール騎手だった。
武豊騎手も軽いトラウマとして覚えているはず。

あれから11年立つ。
『前』と『後』は入れ替わったが、念願のダービー制覇を達成したばかりのルメール騎手が再び武豊騎手に大番狂わせを仕掛けるだろう。

競馬のライバル争いもやっぱり楽しいものです。

これぞ競馬という、レースを宝塚記念やこれからのレースに期待するのは僕だけじゃないだろう。

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム



意外と充実・・・競馬グッズ 馬グッズ ファッションアイテム
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き



スポンサーリンク




SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

PR

──[PR]──────────────────────
┏◆┓┏…………………………………………………………………………………
┃能┃┃★☆70%の的中率で勝ち馬をピックアップ します☆★
┃力┃┗…………………………………………………………………………………
┃指┃ ◎…独自の計算、選定方法でレースごとに強い馬をピックアップ
┃数┃ ○…スピード指数はもちろん、様々な予想データを提供
┗◆┛ ▲…過去走の指数もすべて提供!悩ましい能力比較もカンタンに

>>> 【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

─────────────────────────


あともうひと記事だけ読んでみませんか?

ランキング


清きワンポチお願いします
KLAN競馬ブログランキング

LINE購読

友だち追加

ソーシャル