なぜ、宝塚記念に馬が集まらないのか?登録数11頭の衝撃

スポンサーリンク




来週は春競馬を締めくくる第58回宝塚記念(G1)が行われるが、いまいち盛り上がりに欠ける。

今年もキタサンブラック・サトノクラウンといった実力馬はいるが、やはりわずか11頭の登録馬では盛り上がりに欠けるのも当然だ。
加えて11頭すべてがG1クラスの実力があるかといえば難しいいところ。

11頭中G1優勝馬は4頭いるが、1年以内にG1レースを勝利したのはキタサンブラック・サトノクラウンのみ。

宝塚記念のフルゲート18頭だが、過去30年で18頭すべてが揃ったことは2度しかない。
今回のこの頭数であれば、JRAが気にする馬券の売り上げも苦戦するだろう。

注目したいニュースがいろいろありそうな、競馬界ですが、まずは今週に日曜日ののユニコーンステークスですね。

東京ダート 1600メートル
一人気に予想されるのは、牝馬のリエノテソーロですね。
前走G1 NHKマイルカップ2着の牝馬伍してもヒケを取らない強さに人気の中心になる予感。

今回も当たりますように

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム





スポンサーリンク




SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

PR

──[PR]──────────────────────
┏◆┓┏…………………………………………………………………………………
┃能┃┃★☆70%の的中率で勝ち馬をピックアップ します☆★
┃力┃┗…………………………………………………………………………………
┃指┃ ◎…独自の計算、選定方法でレースごとに強い馬をピックアップ
┃数┃ ○…スピード指数はもちろん、様々な予想データを提供
┗◆┛ ▲…過去走の指数もすべて提供!悩ましい能力比較もカンタンに

>>> 【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

─────────────────────────


あともうひと記事だけ読んでみませんか?

人気ブログランキング

LINE購読

友だち追加

ソーシャル