お疲れ様です。

スポンサーリンク




5月28日 第84回 日本ダービー G1 2400メートル

C・ルメール 騎手騎乗の レイデオロが世代の王者に輝きました。

 

勝ちタイムは 2分26秒9  でした。

G1では、このペースはここ20年で最遅タイムだという。

 

勝ったレイデオロは、今年の初戦の皐月賞では五着に敗れ黒星となりましたが、日本ダービーは、

きっちりと立て直し、勝利し、世代の頂点に立った。

 

2400メートル 2分26秒9

いい馬や♪

騎乗のルメール騎手は、ヴィクトリアマイル、オークスに続いて三週連続G1制覇を果たした。ダービーは初勝利を飾りました。

 

管理する藤沢和師もオークスに続いてオークスに続いて同タッグで2週連続G1制覇となった。中央G1は歴代最多の26勝目を飾りました。

スポンサーリンク





自分は、東京競馬場にいました。

午後になるにつれて、人の数も段々と増えていき、ダービー直前の電光掲示板による、

観客来場者数の発表がありました。

 

観客来場者数は 115,869人でした。

圧倒される数にびっくりしました。

ここまでびっしり。

 

初めての日本ダービーでしたが、まずその数に驚かされ、迫力あり、レースに熱くなり、楽しめた一日を

東京競馬場で過ごすことが出来、幸せでした。

福沢諭吉さんの数は減ってしまいましたが、参加することに意義がある。

メインレースは、競馬ファンであるので、見守ることも大事かな。

 

来週は、安田記念があります。

読売マイラーズカップを制した、イスラボニータが勝利を収めるのか?

目が離せないレースが続き、毎週が楽しみでなりませんね。

競馬のために競馬貯金しておかなきゃですね。やりくり上手さんコツを教えてくださいな

 

今日のベストショットはこちらです。

 

花束贈呈されるC・ルメール騎手です。

上記にも書きましたが、東京会場G1 三週連続制覇  お見事です。

この後、毎週観客のもとへ小走りに行きサインを書いてくれていました。

ファンサービスも最高、優しいルメール騎手、今日のベストショットはルメール騎手に決まりですね。

日本ダービーお疲れさまでした。

また来週の安田記念もルメールさん勝利してくださいね。

スポンサーリンク





お疲れさまでした、乾杯

ダービーグッズたくさんの方が購入してくださいました。ありがとうございました。